ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動

 2019.3/3更新

 

 

 

防災訓練(安否確認含む)の実施

  旗立台南自治会(旗立台南自主防災会)
掲載 2019.2/19   
 2月17日(日)旗立台南自治会(阿見忠夫会長)で安否確認訓練を含む総合防災訓練が、東松山消防署高阪分署の全面的なご協力のもと参加者60名で行われました。

 突然襲ってくる地震では、我々は咄嗟にどうするか分からず自分のことで精いっぱいになることが予測されます。地震発生時に相互に助け合う自主防災会の組織を会員それぞれが身をもって確認しておく必要があり、今回は体験型訓練を主体として実施したとのこと。

訓練内容は

 
1.安否確認訓練  
2.震度体験  
3.初期消火訓練
 
4.煙内通過訓練  
5.炊飯訓練  
6.簡易道具作成訓練(紙コップ、紙スリッパ、紙皿、ビニールカッパ)

安否確認訓練 「無事です」旗を掲出中の自治会員

   
無事を知らせる旗の掲出 「無事です」旗の掲出確認に向かう役員
なつめ公園に設置の防災倉庫の点検 倉庫内の保管物

「無事です」旗掲出軒数等の報告

8時48分、83%の会員の無事を確認
消防署員と最終打ち合わせ 地震体験車到着

消防署員による煙体験ハウス組み立て

阿見会長挨拶『相互に助け合う組織を確認して下さい』
分署長挨拶『火災での死者が7人と多発、住警器の設置をお願いします』      災害救助用炊飯袋を活用して炊飯訓練米、水、カセットコンロで簡単に炊ける
被災地で困るのはトイレ、ダンボールと空のペットボトルを利用して簡単に作れる。
    消防署員の指導で消火器取扱い訓練「水消火器」
   

    震度7体験

    震度7 なぜか笑いたくなる

    煙内通過訓練 片手を壁に触れながら避難する

    脱出成功

スリッパなど簡易道具作成訓練

カセットコンロで30分煮ると出来上がり

鋏で切るだけでビニールカッパができる

炊飯袋で炊いたコメの試食「うまいです」