ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2021.5/12更新

比企点描>

高見城

比企の城館めぐり-9
掲載2021.5/12  
 鎌倉街道上道(かみつみち)沿いにある四ツ山城址(高見城)に登城した。
高見城攻略
 四ツ山と言われるように4つの山の山頂部分を使った山城で、麓からの標高差は100メートル近くあり、急峻。嵐山から花園に抜ける旧鎌倉街道からはこんもりした山が臨める。道路沿いに案内標識があり、細い道をほぼ道なりに走っていくとたどり着く。
入り口は「四津山神社」の旗立台があり、その先に鳥居や石碑が立っている。「史蹟高見城址」とあるので間違いない。それにしても高見城、四ツ山城、四津山神社と微妙な名称だ。

 直線の参道は徐々にキツくなる。立派な休憩所・・トイレだった。
 ついに階段になるほど急峻に。階段始まりの左手に細い道があり「犬走り」
【腰郭】  
 腰郭は「四津山公園」と看板があった。ここから神社本殿(本郭)に向かって111段の階段がある。
【本郭】
ここで初めて正式(?)名称が現れる。入り口の立派な「高見城址」石碑は何?
振り返ると関越道が遠くに見える。荒川の南に広がる熊谷市が開ける。
 腰郭からの通路を下り、ニノ郭へ。昔々は階段はなく、この道が本郭への道だったのではと思われる。今では神社参詣への「女坂」的な道だ。
本郭とニノ郭の境の「堀切」跡。
【ニノ郭】  
本郭より一段下がった平地。土塁が張り巡らされている。
ニノ郭から三ノ廓への虎口。郭間は堀切で仕切られ防御を固めている。
【三ノ廓】  
ニノ郭より一段高いもう一つの峰の頂上に築かれている。
【犬走りの先の腰郭】  
最初の階段の左手の犬走り(横巻き道)をしばらくいくと小さな腰郭に行き着く。もう藪の中で見通せない。
腰郭から本郭へ登る道を発見したが、落葉が堆く積もっており滑りやすく、また急峻なので取りやめた。ここが本郭へ行くもう一つの通路。
   
  撮影 2021.5/11 (YSK)