ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2020.8/9更新

 都幾川堤防復旧工事

掲載 2020.8/7  
 ご近所なので、堤防がどうなっているかふらりと見てこようと取材陣を組んで出かけた。昨年の「令和元年東日本台風」(2019年台風19号の正式名称)により堤防決壊など甚大な被害にあってもうすぐ1年、都畿川を中心に行ってみたが、まだ炎天下の工事真っ盛りだった。
 都畿川早俣地区 右岸堤防(小剣樋管付近)
 洗掘された裏法面の補強作業
 決壊地点の緊急復旧堤防と仮堤防を本堤防に作り替え工事。ものものしい緊急復旧堤防・仮堤防からすっきりした普通の姿になってきている。
 都畿川早俣地区 右岸堤防(正代運動広場付近)
 洗掘された裏法面の補強作業と嵩上げ作業
 正代運動広場はピカピカの鋼板に覆われて中が見えなかったが、土手の上から見下ろすと、工事ヤードとなっていて、ダンプカーの出入りや各種建設重機が動いていた。
 九十九川正代地区 左岸水門付近
 水門上流の左岸本堤防工事が終わった様だが、立入禁止と生茂る夏草で見ることができなかった。
 都畿川石橋地区 左岸上用水堰付近
 堤防本体工事は終わっている様で、法尻ブロックと緑になった土手が見える。今は工事後の整地作業の様だ。
 下流側でも同様な状態と工事。
 都畿川神戸地区 右岸神戸大橋上流付近
 もう工事が終わっていた。ここは県管理区間。土手の遊歩道がここだけ広場になっていた。
 
 本当に災害復旧には膨大な労力と時間が必要とわかる現場だった。