ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2020.3/12更新

第6回 里やまのめぐみ頒布会

掲載 2020.2/29  
 丘陵ホタルを守る会・東松山まちづくり公社共催のイベントで、毎年2月に開催されている。活動内容は一年かけた自然仕込みの腐葉土と、腐葉土に冬眠しているカブトムシの幼虫を地域住民に配布することである。

 この時期の恒例となったイベントであり、地域住民の中にはこの腐葉土を毎年楽しみにしておられる皆さんもいて、土のう袋いっぱいに詰め込んで持ち帰る方もいる。 丘陵地域の住民の皆さんは、庭の手入れに熱心な方が多いというのもうなずける。

 また、同時に希望者に配られるカブトムシの幼虫も、子供たちや別に住んでいるお孫さんにプレゼントするためにおじいちゃん、おばあちゃんにも大好評だ。
 今年で6回目のイベントとなり賑わいをみせたが、新型肺炎の影響か子供たちの参加が昨年より少なかったのは残念だった。

 良質な腐葉土は、地域住民の庭先できれいに咲く草花や家庭農園の作物などの糧となる。カブトムシの幼虫は、それぞれ貰われていった先で元気に育ち、暑い季節には立派なカブトムシの成虫になるだろう。
 なお、カブトムシの幼虫は。その年によって出現する数にばらつきが見られるが、今年は537匹と昨年より100匹以上多かった。
また、来年が楽しみだ!

   
 

2020年2月29日 丘陵ねっと取材班 K.T