ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2019.10/15更新

台風19号災害ボランティア活動

掲載 2019.10/15  
 10月12日台風19号が通過した。1日続く暴風雨の結果、都幾川の越水、都幾川の堤防決壊・氾濫、九十九川の越水と、「川の流域面積日本一」の埼玉県ではあるが低地ではないと漠然と思っていたこの地域に甚大な被害が出た。
 テレビのニュースでは、遠い地域の他人事のようにライブ映像など映し出されていたが、ご近所がすごいことになっていたのに注目されてなかったのは、他がもっとすごいことになっていたからに過ぎない。
 ボランティアセンターがなかなか立ち上がらないので、軽トラックを持っている比企自然学校に声がかかり、「災害廃棄物」となった、浸水した家電製品や家具類などを運び出すお手伝い(ボランティア)に一緒に参加した。
毛塚:「わかばの丘」下の九十九川越水浸水被害地域
新築間もない家々から新しい家具類などを運び出すのは忍びないかぎり。
大黒部どんぐり山公園:大型冷蔵庫や50インチ液晶TVなどすごい山。
あずま町:次から次に水を含んだ重たい「廃棄物」が載せられていく。
西本宿不燃物処分場:市内唯一の「災害廃棄物集積場」なので、列を作って持ち込まれる。それだけ多量の「災害廃棄物」が出ている。水を含んだ泥のため、スタックするものが続出。
 軽トラックはすごい! 荷台が低いので重量物を載せるのに比較的容易。また、スタックした時に近くに人で押し出せる。狭い道で取り回しが良い。長所を理解できる作業だった。
   
 みなさんにも無理のない自分でできるレベルの支援をお願いします。