ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部

 2019.7/7更新

 

29年5月 月例ウォーキング

 市民の森コース

掲載 2017.5/26

 地球観測センターを折り返すウォーキングに同行取材しました。  
5月22日は気温が33℃、そして今日は30℃とこの時期としては高温が続いていますが、参加者は元気いっぱい。
 今日は新緑の中をのんびりと歩く多少起伏のあるコースとのことであるが市内各地から76名のウォーカーが参加。
 大勢の皆様と談笑しながら歩くのは一人で黙々と歩くのは違いとても足取りが軽くなります。 ぜひ、月例ウォーキングに参加してはいかがでしょうか。 楽しく歩いてポイントが貯まる制度も始まりました。  高坂丘陵市民活動センターにコースの入ったウォーキング年間計画表がありますので入手されるとよいと思います。
   コース
高坂丘陵市民活動センター→山の辺橋→東京電機大学→石坂ゴルフ俱楽部→埼玉ピースミュージアム→市民の森→地球観測センター→大東文化大学→子ども動物自然公園→九十九川右岸→高坂丘陵市民活動センター
 距離約9キロ(15000歩)
   
出発に先立ち、市の担当職員からコバトン健康マイレージの説明がある。専用の歩数計を使って楽しくポイントが貯まる新しい試み。 参加登録する必要があるが、丘陵センターに備え付けの申し込み用紙に記入し健康保険証のコピーを郵送するだけ。
辻推進員から参加者の確認が行われる。 出発前、しっかり足腰を伸ばす準備運動
おなじみ仲良しウォーカー さあ~出発です
千年谷公園に架かる山の辺橋を渡る 虹の橋に向かう「ひきの道」桜・紅葉・ケヤキの新緑が出迎えてくれる。
旗立台自治会の花いっぱい推進員が植栽する ペチュニアが迎えてくれる。  電機大学に向かう上り坂、結構きつい
オブジェ 「大地のエネルギー」 電機大学前で一時休憩、皆さん水分補給してください・・リーダーから声がかかる
丘陵の中から突然都会風な大学校舎が見えてくる  またもやオブジェ「望月月玲」
 大学を左手に見ながらに西に進む,サツキが美しい
石坂ゴルフ倶楽部に向かう道 電機大学の太陽光発電施設
   
 もう目の前が地球観測センター
地球観測センターに到着です 守衛所で入館の手続き
係官のスケジュール説明 データを分析するような機械類があるが人の姿はない。1:55:02の数字はグリニッチ天文台の時刻を示している
第2運用棟内部 人工衛星の模型などが展示、簡単なゲームなどでも楽しめる。入場は無料で守衛所で見学したい旨伝えるだけ
パラボラアンテナ 直径13メートル 東日本大震災時の津波の被害が映し出されている。右側が地震後
帰路につく 大東文化大学前を元気に歩く