ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2019.10/7更新

 

ハートピア>月例市民ウォーキング>

高坂丘陵地区の12月 月例市民ウォーキング

毛呂山ゆずの里コース

 平成26年12月6日(土) 快晴 朝から青空が拡がり、風もなく今年最後にふさわしい月例ウォーキング日和。 参加者は34名と少ないが、久々の電車を利用しての東松山市外を歩くコース。 このコースは、山里の表現がぴったりのゆったりと歩けるのが特徴。ゆずを収穫していた農家の方の話で は今年はゆずの収穫量が少ないとのこと。柿などと同じ隔年実なんだそうだ。 桂木観音前の駐車場からは青空の向こうに1本の線のような状態でスカイツリーを望むことができた。 12時ごろから日差しが少なくなり、汗ばんだ身体に少し寒さを感じるが、全員元気に完歩。
コース
高坂駅⇒坂戸駅経由東毛呂駅下車⇒高福寺⇒ゆずの散歩道⇒少女とリス⇒桂木観音(昼食)⇒山道⇒ゆう パークおごせ⇒麻原ワイナリー⇒武州唐沢⇒坂戸駅経由高坂駅(解散)
約10km(約17,000歩)

高坂駅で参加者の受付 34名の参加

 8時30分発池袋行きに乗車(高坂)
車窓から真っ白な富士山が遠望できる  8時50分発越生駅行きに乗車(坂戸駅)
東毛呂駅前で柔軟体操 東毛呂駅前から西進
毛呂川沿いを南進 毛呂川に架かる上宿橋を渡り高福寺方向に向かう
東福寺下の畑で草木を焼却中、山里を象徴する一筋の煙が郷愁を感じさせる。  東福寺の山門、焼却の煙が漂うのどかな風情
東福寺境内にそびえる楠の大木(幹回り約 4.5m?)  毛呂川に架かる橋を渡る
橋のたもとに桂木観音まで3kmの案内板が建植されている。  しばらく歩くと、二股になるが右側の道を進む。
不作の年とはいえ、たわわに実っているゆずの木も散見される。   ゆずの散歩道経由桂木観音の案内板
これから向かう桂木観音下の携帯用ア ンテナが遠望できる  ゆずの散歩道沿いを流れる桂木川の小さな滝
 ゆずの散歩道を歩く
少女とリスのモチーフがウォーカーを迎えてくれる  モチーフに「もういいかい」の楽譜が刻まれている。。
少女とリスを正面から撮影。仕草が可愛 い。  ここから桂木観音まで急坂が続く
 後200mで桂木観音、案内板が要所要 所に建植され迷うことは無い。  陽だまりで昼食。
桂木観音で1年の無事を感謝し参拝する。
桂木観音下駐車場から毛呂山町が見渡せる。スカイツリーが肉眼では中央に見える。
ゆうパークおごせに向かう山道に入る  木漏れ日が心地よい山道を下る
約2.8kmの山道を歩くとゆうパークおごせ  麻原ワイナリー ワインや清酒等を生産販売
ワイナリー内で小休憩 武州唐沢駅に向かう道すがら、何とも懐かしい 干し大根。
武州唐沢駅時刻表 越生駅方面から電車が入ってくる
武州唐沢駅14時10分発坂戸行きに乗車