ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
社協丘陵支部
 2019.10/7更新

 

ハートピア>月例市民ウォーキング>

高坂丘陵地区の3月 ウォークイベント

「坂戸・安行大寒桜」コース


平成26年3月7日(金)
 今年度最終の月例ウォーキング
 参加者は70名、2月のウォーキングは大雪の影響で中止だったせいか、久しぶりの感じで参加者同士の話がはずむ。大寒桜は坂戸市北浅羽地区に平成12年に植栽されたが、丘陵地区の近辺に在りながら意外と知られていない。是非足を運んでほしいスポット。
コース
 高坂丘陵市民活動センター⇒山の辺橋⇒風の橋⇒旗立台⇒東京電機大学⇒石今橋⇒越辺川右岸(大寒桜)⇒越辺川右岸堤防⇒樋の口橋⇒高坂サービスエリア⇒赤城公会堂⇒高坂丘陵市民活動センター
距離 約10キロ(15,000歩)

 出発前の柔軟体操   「ひきのみち」を南進
「風の橋」前の紅梅が満開。1月上旬蕾だった梅の花が大雪にも負けず開花、確かな春を告げている。
 東京電機大学へ至る坂道を登りきる。大勢で歩いていると坂道もそれほど苦にならない。
 ここから坂戸方面に下り坂。イチョウの枝が剪定され、ちょっと寂しいねとの声も聞かれる。正面の山並みが美しい  石今橋から越辺川上流を見る。雪融け増水も落着き川幅が狭くなっている。
 石今橋を渡る。  石今橋を右折{西}し、越辺川右岸土手を少し上流に向かうと大寒桜の植栽地に行ける。
 左下の少し赤みを帯びているのが大寒桜  堤防から雪を被った富士山を望む
 開花したい様子で芽が膨らんでいる。
開花まで後10日ほどか(3月15日過ぎ)?
 過去の写真、ピンクが強く美しい桜。
是非、3月中旬以降に立ち寄ってほしい。
 大寒桜は堤防下の幅18m、長さ1200mに渡り並列に植栽されている。
 大寒桜の説明板が入口に設置されている  大寒桜は赤みを帯び、正面の山並みとマッチし心落ち着ける風景
 関越道路下をくぐる。  樋の口橋から富士山を遠望。今日は冷たい風が吹いていたせいか見通しが良い。

 樋の口橋から越辺川上流の「堰」を見る。  休憩で立ち寄った高坂サービスエリアのパンジー。
 赤城公会堂から中丸池に向かうのどかな山道。
赤城公会堂のコンクリート壁面土台の隙間に根をおろし、たくましく育つ「冬しらず」  中丸池手前に白梅が咲いていた。