ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
サークル・団体
福祉活動
 
RSS

2018.4/22更新

比企点描 >
ぐるっと埼玉サイクルネットワーク

43 東松山・岩殿丘陵ルート

 最近立てられたこんな矢印看板を見たことありませんか。ちょっと不思議に思って、調べて行ってきました。
この関連する看板にはこんなシンボルマークが付けられています。「ぐるっと埼玉 サイクルネットワーク」

 ぐるっと埼玉サイクルネットワークの100ルートのうちの43番目が高坂駅スタートの7km。
このような看板が高坂駅西口有料自転車置き場(ipark)前にあり、その他、こども自然動物公園前と平和資料館前に設置されています。関東平野の最初の丘陵地帯ということで物見山、岩殿丘陵地帯はサイクリングのメッカですが、こちらは埼玉県公認の整備されたルート。サイクリングというよりもポタリングという感覚の設定。ルート内あちこちにていねいな案内があります。大東文化大学前の直線坂道を上りきればほぼこのコース制覇!。巌殿観音の急勾配のつづら折れを下って門前町を気持ちよく走りきれば、自然と歴史とを満喫出来る手頃なポタリングルートでした。

 ルート案内通りに高坂駅から九十九川橋を渡ると右折の標識と「自転車横断帯」の標識。横断歩道の自転車版だ。路面に白線が引かれていて、それなりに良いのだが車道との段差が大きく、一度自転車を降りてから渡るのがおすすめ。気がついたのですが、標識の自転車は道路左側が右向き、右側が左向き。理解は出来るのですが、横断歩道の標識の中の人もそうでしたっけ??

地図の入手法ーーー