ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 2018.12/12更新
 

 

 

高坂丘陵地区の地学

高坂丘陵地区 街のシンボルマーク 丘陵地区案内板 開発の歴史 開発前の歴史 地学

地形

 (行政区分の)高坂丘陵地区は地形区分としては「岩殿丘陵」に位置します。高坂台地の西端の丘陵地帯の始まりの所にあります。

 出典;「生物多様性保全県戦略」埼玉県2008より

地質

 (行政区分の)高坂丘陵地区は「岩殿丘陵」の南端にあり、物見山層の礫岩、砂岩に覆われています。

 出典;東松山の化石図鑑(平成25年3月 東松山市教育委員会発行)による

比企丘陵自然公園区域

 (行政区分の)高坂丘陵地区はほとんどが県立比企丘陵自然公園区域の中にあります。桜山台の一部を除くと、この地域の皆さんは「県立自然公園」内で暮らしていることになります。

 注意しなければならないのは、住んでいる所に3つの「丘陵」名称が存在していることです。高坂丘陵=行政区分名称、岩殿丘陵=地形区分名称、比企丘陵=「比企丘陵自然公園」内ではありますが、地形区分の岩殿丘陵と比企丘陵を含んだ公園区域の名称です。

 出典;「埼玉県立比企丘陵自然公園区域図」埼玉県発行より

掲載 2015.10/31