ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 2018.12/12更新
 

 

 

高坂丘陵地区開発前の歴史

高坂丘陵地区 街のシンボルマーク 丘陵地区案内板 開発の歴史 開発前の歴史 地学

高坂丘陵は開発前に9カ所の遺跡発掘調査が行われていました。石器時代から鎌倉時代までの遺物・遺構が発掘され記録として残っています。remainsmap

舞台遺跡

 縄文期;住居跡、土壙、土器、石器、石鍬、石斧、石包丁、石皿
 古墳期;住居跡100以上
  2つの古墳は石室確認 1号墳から刀片、鍔、坏、鉢、等
 窯跡;2 須恵器の坏、盤、甕 等

桜山古墳群・桜山窯跡群

 弥生期;住居跡
 古墳期;直刀、埴輪、耳飾
 窯跡;19基の窯跡
 集石遺構;縄文期の土器

3 田木山古墳群

 古墳期;円墳4基のうち2基発掘
  1号墳;直径12m、高さ2m  直刀、金環、馬具等出土
  2号墳;直径18m、高さ2.5m 盗掘

大塚原遺跡

 6世紀頃の住居跡8

5 緑山遺跡

 旧石器期;ナイフ型石器
 縄文期;住居跡3
 古墳期;住居跡2
 奈良時代;住居跡4

物見山塚群

 塚120

7 弁天山遺跡

 鎌倉時代;通称13塚
 5号塚発掘;直径5.8m高さ1m  蔵骨器

立野遺跡

 住居跡3、土壙3、集石遺構1、塚4
 旧石器期;集石遺構、黒曜石ナイフ石器
 縄文期;須恵器

駒堀遺跡

 弥生期;住居跡14、墓1、土壙18
 古墳期;住居跡23
 出土土器;壷、甕、坏,器台

 

 

高坂丘陵地区の山林開発で住宅地に生まれ変わりましたが、古代には住みやすい環境であったため、生活の痕跡が残されていました。現在は「はにわの丘」公園以外は全く面影や案内板等無く、住宅地等になって生活しています。