ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 2018.12/12更新
 

 

 

丘陵地区シンボルマーク

高坂丘陵地区街のシンボルマーク丘陵地区案内板開発の歴史開発前の歴史

     自生する赤松をデザイン

     高坂丘陵地区シンボルマーク

    
     公団の募集パンフレットにあったロゴ。

一大プロジェクトとして始まった高坂ニュータウン開発。ランドマークデザインとして地区内の屋外案内板等に付けられています。あなたもこのマークは見ているものの意識しないままこの街に住み続けています。地区を縦断する「高坂並木通り」に写真の様な標識が北と南の入口にそれぞれ2本ずつ立っています。「むさし緑園都市 高坂丘陵地区」と表札のように(あるいはしきたりに従った「ふせぎ」のように)

 

シンボルマークの入った案内標識ポール。詳細情報は掴んでいませんが、昭和58年(1983年)に設置された。今はなき「高坂パラディ」なんてのもあります。知ってます?また、白山中学校近くの案内は「↑  中学校」で空白。桜山台は番地まで入った案内だが、白山台、松風台はプレート下に余白がある。誰もフォローしないまま30年余経っている。

撮影日 2012.8/30