ホーム
この街
イベント
防災
ハートピア
市民センター
丘陵支部
比企点描
ねっと訪問
丘陵知恵袋
福祉活動
 2018.12/12更新
 

 

 

西本宿農民センター前押しボタン信号火入れ式

掲載 2018.1/23
 2018年1月22日 県道212号線(巖殿観音南戸森線) の高坂地区内西本宿の西本宿農民センター 前に「押しボタン式歩行者用の信号機」が新設されました。これは4月新学期から小学校校区の変更が 行われ、これまで高坂小学校に通学していた西本宿、元宿、毛塚のこども達は、高坂丘陵内の桜山小 学校に通学することになりました。特に通学路が横断する2016年2月に開通した県道212号線は、50 Km規制のため、高速で走る車が多く通学時の安全が危惧され、通学路が通る西本宿農民センター前 に歩行者用信号機を設置するなど、通学路の点検と安全整備が進められています。
 今日11時から舞いきる雪の中、新設された信号機の火入れ式が関係者出席の上行われました。 式典には、森田東松山市長の他、中村教育長、上條東松山警察署長、地域から出ている県議、市議 学校長、PTA会長など30数名が出席され、式典の後には信号機を稼働するスイッチが入れられ、新設 された横断歩道の渡り初めが行われました。
 ここを4月になると桜山小学校の新1年生26名他のこども達が利用することになります。地域の皆さん はこの信号機と共にこども達の安全な成長を見守り続ける事になるでしょう。  
火入れ式で挨拶される中村教育長
挨拶される森田市長
挨拶される上條署長
渡り初めの参列者
式典参列者の皆さん
県道212号線高坂上1農民センター前 に新設された押しボタン信号機